悩める過払い金トラブル【弁護士に依頼して一刀両断】

男性

自己破産に注意

案内

刑事訴訟の活動では被告人の弁護という個人の仕事だけでなく、取り調べの可視化や被告人の人権にかかわる問題などの制度改革には団体として取り組んでもいます。弁護士に、依頼する人は個人の依頼から法人の依頼など様々にあります。個人の依頼では、自己破産や民事再生、委任整理、過払い金請求、離婚の調停・交渉、相続の調停、養子縁組、交通事故相談不動産の境界問題などがあります。法人の依頼では、代金の回収の交渉・強制執行、従業員間のトラブルや雇用・賃金トラブル、懲戒処分、就業規則変更、クレーム対応、事業の破産・倒産などさまあります。近年では無料相談からあり、依頼の内容を細かく聞き、契約書や請求書などを見て判断し、法的手段が必要ならば代理人とし依頼を受けてくれます。また、自己破産は借金の返済が苦しくなった人にとって、その問題を解決するためのひとつの方法で、認められれば返済の義務を免れて新しくやり直すことができる方法です。しかしメリットばかりでなくデメリットも存在し、さらに過去7年以内に免責を受けていると申し立てをしても認められない場合もあります。そのため自分の状況によって最善の方法かどうかを見極め、必要であれば申し立てをすると借金問題解決のひとつの方法となり得ます。

Copyright© 2015 悩める過払い金トラブル【弁護士に依頼して一刀両断】All Rights Reserved.