悩める過払い金トラブル【弁護士に依頼して一刀両断】

男性

事前に調査

六法全書

借金が膨らんでそのままでは予定通りの返済ができなくなってしまった場合、その債務を見直して借金生活を脱する方法があります。いわゆる債務整理と呼ばれるもので、そのひとつの方法が自己破産です。この方法は主に借金の支払いがどうしても出来なくなった状況、つまり支払い不能に陥ったケースに用いられる手続きです。自己破産の手続きを進める際、その人が所有している経済状況や残りの財産によって同時廃止という方法が取られる場合と少額管材と呼ばれる手続きが取られる場合に分かれます。本人に高額な財産が残っていないようなケースでは破産手続き開始決定と同時に終了して免責手続きを行います。一方財産がある場合や免責が認められない場合には少額管材の手続きが取られ、終了するまでに同時廃止よりも時間を要します。自己破産が認められると借金を支払う義務が無くなり、借金の返済に充てていた生活や収入を自分のために活用できるようになります。また取り立てから解放されて精神的な負担も無くなり、新たに人生をやり直すことができるようになります。借金から解放されると言っても最低限生活に必要なもの以外で20万円以上の財産を所有している場合は、債権者への返済に充当するため処分されてしまうことがデメリットになり、マイホームも競売にかけられ手放すことになってしまいます。また信用情報機関のリストに掲載されるので、新たなローンを組んだりクレジットカードを作ったり出来なくなります。

Copyright© 2015 悩める過払い金トラブル【弁護士に依頼して一刀両断】All Rights Reserved.